日々出会った、音とか、光とか、影とか
新しいものと古いもの
先週の土曜日、RICHOのコンパクトデジカメ、GR Digitalを買いました。
ここ最近、コンパクトデジカメはOptioWPを使っていたのですが、絞りなどを自由に設定できない、レンズの性能があんまりよくない、などなどいくつかの不満な点があり(いい点も色々ありますよ!)、これらの不満点を解消するコンパクトデジカメとして、GR Digitalを購入しました。

GR Digitalの使い心地は後ほど書くとして、このデジカメを使って、近所の下北沢駅北口にある、古い商店街を撮ってきました。
e0055715_111775.jpg

私は数年前に現住所に引っ越してきたので、この商店街がどのくらい昔からあるのかは知りませんが、かなり古いものであることは想像できます。
e0055715_1124781.jpg

現在、下北沢駅は地上にありますが、地上は駅や線路の拡張ができない状態で、近年の輸送量の増加に対応できないために、駅を地下に移動する計画があります。
また、新たな道路の設置なども計画されているのですが、これらと合わせて、下北沢駅北口のこの商店街のある場所は、再開発されるようです。

そこで、購入したての新しいデジカメで、数年後にはもうなくなっているかもしれない、この古い商店街を撮影しました。
e0055715_1205597.jpg

上の写真の場所で、以前映画の撮影を行っているのに出くわしたことがあり、竹中直人と清水ミチコが演技をしてました。清水ミチコさんは、下北沢在住らしいですねぇ。
e0055715_1344744.jpg

見てのとおり、開いている店はかなり少なく、経済的に見れば再開発は妥当かもしれません。
しかし、私はこの場所が結構好きです。
ここも含めて、下北沢のいろいろなところが気に入っており、この先もずっと住み続けたいと思っています。

ですので、人によっては我侭であると思われるかもしれませんが、私は、再開発には反対です。新しい道路の設置も反対です。
ただ、私個人が反対したからといって、これらの流れは変わらない可能性が非常に高いでしょう。
e0055715_2281853.jpg

そんなことを考えながら、幾度かシャッターを切りました。





******
購入してからまだそんなに使っていませんが、GR Digital、結構気に入っています。
私が一番よいと思っているのは、コンパクトなくせに、ダイヤルが二つついていて、絞りやシャッタースピードの調整や、各種設定の変更が非常に行いやすいことです。
デジタル一眼と違って、リアルタイムに液晶で露出の具合を確かめながらシャッターが切れるので、ある意味、デジタル一眼より使いやすいかもしれません。

画質は、CCDが小さいので、ものすごくいいわけではありませんが、レンズは非常によさそうです。
35mmフィルム換算で28mmという広角系のレンズであるにもかかわらず、歪みが少ないし、色収差も結構押さえられています。歪みに関しては、D70にAiAF Nikkor20mmF2.8Dをつけて撮影した場合よりも少ないようです。
また、太陽や街灯などの光源を撮るときも、結構頑張ってくれます。

その他よい点としては、コンパクトデジカメなのにRAW撮影ができます。このRAWデータ、Jpegで記録したデータよりもダイナミックレンジが若干広いようで、白トビした写真でも、後から露出調整することにより、若干白トビの範囲を狭めることができます。
RAWは、撮影した後のメモリへの書き込みが異様に遅いのですが、白トビをある程度コントロールできると思うと、結構RAWで撮影してしまってますね。


しかし、事前にある程度予想できたのですが、このカメラの画角は、メインで使うには自分としては少々つらいかもしれません。
D70でメインで使っているレンズはAiAF35mmF2Dで、約50mm相当のレンズです。AiAF20mmF2.8Dも使っており、こちらは画角がGR Digitalに近いのですが、あくまでサブ的なレンズです。
というわけで、このカメラの焦点距離50mm相当版も、出してくれないかなぁ。
そしたら私、そっちも買っちゃいますよ。たぶん・・・・・いや、間違いなく。

ともかく、いままでよりも、撮影範囲を広げてくれるカメラではありそうです。
これから、ボチボチ使っていってみたいと思います。
[PR]
by zab_555 | 2005-11-25 02:33 | 写真
<< SILKYPIX oasis >>