日々出会った、音とか、光とか、影とか
外で*istDを使う
またちょっと間が開いてしまいましたが、外で*istDを使ってみました。
あいにくいい天気ではなかったのですが、何枚か撮ってみました。
Nikon D70との比較がメインになってしまいますが、使った感じなどを書いてみます。
e0055715_23325582.jpg

いやぁ、小さいってのはいいですねぇ。気軽にカバンに入れて持ち歩いて、さっと取り出して撮れます。
コンパクトデジカメに比べれば全然大きいですが、一眼デジでこの小ささはやはりよいです。

ただ、グリップはやはりもう少し大きいほうがいいかな。
カメラ持ちながらちょっと歩くときなどは、ひっかかりが少ないです。まあ、持ち方をちょっと工夫してなんとかなる範囲ですが。
e0055715_23391645.jpg

写りは、D70を使っていた私にとっては、まあ、普通。
明るめの曇り空を撮ると、やっぱり盛大に白トビします。まあ、D70より前に出たカメラですし、そこはそんなに期待しておりませんでしたが。
また、厳密に比べてないので気のせいかも知れませんが、D70よりシャープ感はやや落ちるかもしれません。
でも、この写り、嫌いじゃないです。

あと、撮影しててカメラの液晶でプレビューしたら、写真がやたら明るいので、露出を結構マイナスにして撮っていたのですが、家のPCのモニターで見ると、写真が暗い。
どうも、カメラの液晶がやたら明るいみたいなので、設定で液晶の明るさをちょっと暗くしました。
まあ、それでも、D70よりかはやや明るめに撮れる傾向があるようです。

e0055715_23415654.jpg

CFへの書き込み速度は、D70に比べると明らかに遅いです。
特にRAWは時間がかかり、撮影後のプレビューが消えた後、すぐにもう一度見たいと思っても、砂時計マークが出てきてちょっと待たされます。

操作系は、ボタンやダイヤルがそれなりについてて、扱い易いです。
プレビュー時に、ダイヤル回すだけで表示が拡大されるのが、あたりまえのようですがうれしかったです。(D70はボタン1回押した後、別のボタン押しながらダイヤル回す・・・ちょっとめんどくさいです)
ただ、撮影モード(プログラムモードとか、絞り優先とか)を変更するボタンに、ISOなどの変更も含まれているのが、やや使いづらいかもしれません。
例えばPモードで撮っていて、ISO変えるときはモードダイヤルを回して「ISO」にセットし、右前にある別のダイヤルを回してISO値を変更し、その後またモードダイヤルをPに戻します。
・・・・慣れれば問題ないかなぁ?
e0055715_0363777.jpg

ちなみにPモードですが、こいつのPモードは「ハイパープログラム」と言います。
他のカメラのPモードは、カメラ内のアルゴリズムが、状況にあわせて絞りとシャッタースピードを設定します。
しかし、こいつのハイパープログラムは、そこから、絞り、シャッタースピードを変えることができます。
右のグリップにある前ダイヤルを回すと、そのままシャッタースピード優先モードと同じようにシャッタースピードを変えることができます(絞りは自動的に対応して変化します)。
後ろダイヤルを回すと、絞り優先モードと同じような操作ができます。露出補正も可能です。
D70ではほとんど絞り優先モードしか使ってませんが、*istDでは、まずは、このモードを使っています。

長くなってきたので、とりあえずこの辺で終わらせますが、今のところ、私の使い方ではマイナス面よりプラス面の方が大きいです。
これからもどんどん使い込んでみます。
e0055715_03152.jpg

[PR]
by zab_555 | 2006-01-19 00:11 | 写真
<< また*istDの話とか *istD >>