日々出会った、音とか、光とか、影とか
また*istDの話とか
今回はテキトーに写真貼りながら、また*istDの話でも。
e0055715_1173445.jpg
(PENTAX *istD + PENTAX FA35AL2)


PENTAX *istD、使ってみて若干マイナス面も見えてきました。

(1)露出補正がちょい難しい
前回、背面液晶モニターが明るすぎると書いたのですが、どうも単純に明るいというより、輝度が高めに出力される、という表現が正しいようです。
PCに持っていくと、カメラで確認した写真よりも暗めに表示され(D70、GR Digitalではそんなことありません)、思ったより白トビも少なかったりします。
また、AEの多重分割補正も、Nikon D70ほどの精度ではないです。
この辺りは、逆にD70のよさを認識しました。

(2)若干絵が甘い
これもD70との比較ですが・・・ピント精度の問題ではなく、ちょと絵が甘いような気がします。
D70ほどキレてないような感じです。
まあ、自分としてはそんなに不満なレベルではないですが。

e0055715_11284499.jpg
(RICOH GR Digital)


(3)RAWファイルサイズがでかい
600万画素機ですがRAWファイルは12MBくらいあります。
D70は5MBくらいだったりしますし、可逆圧縮でもっと小さくするとができないですかねぇ。
また、CFへの書き込み速度もちょっと遅いです。

(4)CFカードスロットの蓋が開きやすい
これは私の使い方のせいもありますが、カバンに入れててグリップ掴んで出そうとすると、グリップ後ろのCFカードスロット蓋のロック部分に、いい感じで親指がかかって、パカッと開くことがあります。

e0055715_11295983.jpg
(RICOH GR Digital)


この中で、(1)が一番問題だと思っている部分で、まだうまく解決できていません。
慣れて露出補正の感覚がつかめてくれば、なんとかなるかなぁ、とも思っています。

比較するとNikon D70の方がいいなぁと思うところも出てきています。
D70はダテに大きくないんでしょうかねぇ?

まあ、いくつか不満な点も見えてきてますが、町でぶらぶら持ち歩くには、*istD + GR Digitalで行こうかなぁと思っています。

最後に、うちのレンズ沼の住人でも。

e0055715_11342688.jpg
(PENTAX *istD + PENTAX FA35AL2)

[PR]
by zab_555 | 2006-01-29 11:45 | 写真
<< 雪の国 外で*istDを使う >>