日々出会った、音とか、光とか、影とか
スナップ
最近、自分で撮る写真が、どうも進歩していないというか、退化しているような気がしてきました。
そこで、カメラを使い始めた頃の初心に戻るべく、何も考えずに、街でスナップ写真を撮ってみました。
e0055715_245516.jpg


カメラは*istD、レンズはDA40mmF2.8Limited 1本です。

e0055715_251531.jpg


最近、デジカメで写真を撮るときはRawで撮影していたのですが、あえてjpegに戻して撮ってみました。
*istDはRawファイルがえらくでかいのですが、jpegにすることで、枚数をあまり気にすることなく、ドンドン撮れます。

e0055715_252629.jpg


枚数が気にならないだけでなく、*istDはRawの書き込み速度も遅いので、jpegにすることで、撮影テンポも良くなります。

e0055715_253966.jpg


しかし、レタッチしないことを前提としてjpegで撮ると、白トビが気になります。
Rawだと、レタッチ前提でちょっと暗く撮って、後から引き上げるのが常でした。
それに、Rawは見た目で白トビしてても、ちょっとデータが残ってたりして、それで救われる場合もあります。
今回はあまり問題になりませんでしたが、Rawであれば容易に後からホワイトバランスの変更もできます。

ただ、今回撮ってみて、jpeg一発撮りも感覚的に結構良いところがあるので、どっちが一概によいとは言えないです。
今後、どうしたものかなぁ。

e0055715_255237.jpg


最後の写真だけは、撮影後にSILYPIXでデジタルシフトを行い、上下左右を整えることを想定して、Rawで撮りました。

まだまだ撮ってあるのですが、今回はこの辺で。
[PR]
by zab_555 | 2006-05-21 02:14 | 写真
<< 石橋英子 PENTAX DA40mmF2... >>