日々出会った、音とか、光とか、影とか
LOMO LC-A
e0055715_2326424.jpg
昨日、突然LOMO LC-Aというカメラを買いました。
これは、それで撮った写真です。





LOMO LC-Aは、ロシア製のフィルムカメラです。
小さくて機能も少なく、「トイカメラ」と呼ばれるものの一つと言われています。
e0055715_2328736.jpg

もともと、日本でコシナが作っていたカメラを、ロシアでまねて作っていたもののようですが、
それがウィーンの芸術家など、一部で人気が出て広まった(らしい)カメラです。

しかし、LOMO LC-Aは2005年に製造が終了。
2006年から、中国の工場(Phenixらしい)にて、LOMO LC-A+という新機種が生産されているそうです。
(レンズ部分をロシアで作っている、LC-A+ RLというのもあります)

・・・なんて話は、昨日までほとんど知りませんでした。
そのチープかつ独特な写りが一部で評判になっていたので、
しばらく前に欲しいと思いつつ、生産中止になって入手困難と聞いたので、あきらめていました。
それが、昨日、都内某所でふと現物売ってるのに遭遇し、しばらく迷いつつも、結局買ってしまいました。

e0055715_23521379.jpg

年代とかその他いろんな条件(部品調達とか?)によって、様々なバージョンがあるようなのですが、大きく分けると、
前面のファインダー窓のカバーにキャラクターマークが書いてあるもの(ウィーンバージョンと呼ばれるもの)と、
書いてないもの(ブラックロモと呼ばれるもの)があり、私が買ったのは後者のブラックロモです。


e0055715_063324.jpg
レンズ前面のカバー。調べてみたら、これはこれで少々特殊な形状のようです。

もともと「トイカメラ」だから、作りが雑、入手経路によっては動作も怪しい・・・
などと噂があったのですが、
購入した個体は、自分が思ったよりも作りがしっかりしてて、
レンズカバーもキビキビと開閉し、ほどよい大きさ、重さでモノとして結構いい感じです。

トイカメラというと、前に買ったハーフのアレ(ココとかココ参照)を知っているので、
それに比べるとかなり良いカメラに見えます。
レンズもF2.8と明るいし、ちゃんと自動露出も動作するようです。

この露出に関連して、フィルム感度を設定するダイヤルが付いてます。

添付のマニュアルには、ASA(=ISO)100のフィルムを使う場合は、
ダイヤルを回して100の値を窓に表示させるよう書いてありますが、、、、、
私の買った個体には、100がありません。
近い値は65、または130です。
なお、途中の値は設定できません。
数値が出てきてダイヤルが止まるところでないと、露出計が有効になりません。

最大値は250のようです・・・
e0055715_064118.jpg
しかも、値の表示窓の横には、謎の4文字が・・・
調べてみたら、ロシア語というかキリル文字で「ГOCT」、英語表記でGOSTと言うそうで、
なんでもロシアで使っている感度の規格だとか・・・
しかも、ある年より以前はロシアオリジナルの数値、以降はISOと同じ数値に合わせた、らしい、です。
するとこのLC-Aの値はどっちなの!?

どうも、個体によってはASAでなくてGOSTを使っているものがあるようです。
とりあえず、日本のマニュアルを作成しているところに質問メールを投げつつ、
ISO400のネガフィルムを入れて、値を最大の250にして、試し撮りしてみましt。
まあネガだからなんとかなるでしょう。

e0055715_065089.jpg
あれ、結構マトモに写りますよ!?
ボケボケ写真連発、周辺減光バリバリで、かなりチープな写りだと思っていたのですが、
意外としっかり写ってます。
ちなみに、↑の右下は、たぶん指が写っちゃったんでしょう。
(恥ずかしい・・・持ち方慣れるのにしばらくかかりました)

e0055715_065742.jpg

たしかに周辺減光はありますが、
ピントの距離が大体合えば、なかなか悪くない写りをします。
ちなみに、ピントは0.8m、1.5m、3m、∞の4段階です。

e0055715_07586.jpg

手ブレ写真は結構量産しましたが、シャッターストロークが妙に深いのも一因のようです。
人差し指の腹でシャッター押すと、シャッター切れません。
指の先で押し込むようにする必要があります。
これは、慣れが必要そうです。

e0055715_071399.jpg

うーん、少々がっかりするくらい、悪くない写りです。
むしろ、大きさ、重さ、形など、モノとしていい感じだなぁと思います。
しばらく持ち歩いて使ってみます。
そのうち、偶然なんかいい(悪い?)写りをするかもしれません。

カメラ:LOMO LC-A
     PENTAX K10D(LC-Aの撮影)
フィルム:Kodak ULTRAMAX 400
[PR]
by zab_555 | 2008-01-21 01:11 | 写真
<< 川のほとりで 富士の見える光景 >>