日々出会った、音とか、光とか、影とか
リハビリ
タイトル、別に病気になったりしたわけではないです。
最近、写真を撮ってない、特に一眼で撮ってなかったので、
カンを取り戻すように、少し撮りました。

e0055715_912480.jpg


e0055715_913737.jpg

なんか、セルフカバー的な写真になってしまってます。
うーむ・・・

e0055715_94468.jpg


PENTAX K100D Superというカメラを中古で安く買いました。
デジタル一眼カメラを買うのは、2年ぶりくらいですかね。
既に旧機種なんですが、今持ってるK10Dより小さくて高感度に強いんです。
最近PENTAXから出たK-mって方がもっと小さいんですが、高感度はそんなに強くないだろうし、
PENTAX最後の600万画素機であろう、この機種を買ってみました。
(K-mも、最近見た高感度写真は思ったよりも悪くはなかったです。ただ、現状、6万円とか出して買う気はしないんですね)

大きさや高感度は予想通りなかなかいい感じで、ISO800や1600が結構使えるのがうれしいです。
ただ、ダイヤルとか、操作系が簡略化されてるのが大きな不満ですね。
せっかく高感度まで使えるのに、メニュー階層を手繰っていかないと感度変えられないなんて、もったいない。

小さい=初心者向け=操作系簡略化 という、ある意味最近の型にはまった製品です。
なんか、使い方を押し付けられてるような気がして嫌です。
逆に、作る方は、市場の要求に答えた製品を出している、ということなんでしょうがね。
(今では)マイナーなメーカーだからこそ、違う路線を行って欲しいなぁ。

カメラ:PENTAX K100D Super
レンズ:PENTAX DA35mmF2.8Macro Limited
[PR]
by zab_555 | 2008-11-01 09:24 | 写真
<< コトノハ いつかの渋谷 >>