日々出会った、音とか、光とか、影とか
カテゴリ:カメラ( 2 )
DA15mmってレンズ
全然復活しないブログです。
いやぁ、なんか、ヒマー!にならないですよ?
無理やり6月中に1度更新しておきます。

DA15mmF4ED AL Limitedなるレンズを、4月下旬に買いました。
もう2ヶ月前ですね。

e0055715_12533322.jpg

これが、逆光にすこぶる強くて、しかも画角のワリに歪まない。
直線がかなり真直ぐに近い。
最近の風潮としては、かなり良いレンズと言えるんじゃないでしょうか。

ちなみに、歪んだり開放からカッチリしてないレンズは、ダメ出しされる風潮にある気がしますが、
個人的には、広角で歪むのや、明るいレンズの開放がソフトなのは、アリだと思ってます。
レンズの値段や大きさ、明るさ等含めて、判断すべきかなぁと。

で、元に戻ると、DA15mmの大きさと逆光に対する強さは、素晴らしいと思うのです。
その二つで、買った価値があったかなと。

e0055715_1331245.jpg


DA12-24mmなんて、比べちゃうとものすごくデカイ。
持ち出す機会はますますなくなりそうです。

カメラ:PENTAX K100D Super
レンズ:PENTAX DA15mmF4ED AL Limited



―――


全然関係ない戯言。

こないだ、会社帰りに(珍しく)人と外で夕食を食べる機会がありました。
その隣の席から、なにやらマニアックな会話が。

先輩A「昔のBasicのプログラムには、行番号ってのがあってね」
後輩B「なんです?それ?」
先輩A「一行一行の先頭に、番号を割り振って、その順番どおりにプログラムが動くんだ」
後輩C「へー」

ふ、古っ。
しかし、最近の若いプログラマーは、行番号なんてしらないようです。
行番号に頼らない構造化プログラミングが一般化しているということで、
ある意味、いいことなんでしょう。


で、ふと思うと、自分も昔、学生時代はプログラムとか書いてたなー、
それで、IT業界に就職をしたのだけど、
今やってる仕事は、調整したり、方向性を考えたり、資料作ったり、昔やってたこととは全然違う。

それが、悪いことではないのだけど、
どうも、自分の中に違和感があったりするのです。
うーむ、こんなんでいいのだろうか。
[PR]
by zab_555 | 2009-06-27 13:12 | カメラ | Comments(2)
最近カメラに思うこと~もしくは物欲について
今回はまた趣向を変えて、最近思っている「カメラ」の話でも。

e0055715_23583665.jpg写真はまた全然関係ありません。
3月のPIEで展示されていた、古いカメラです。


現在、私が一番よく使っているカメラは、PENTAX K10Dというデジタル一眼レフカメラです。
買ってから、もうすぐ1年半近くなるでしょうか。
いいとこもあり、悪いところもあり、しかし総じて、自分が使うにはいいカメラだと思います。

最近、このカメラの後継機種であるK20Dが発売されました。
主に変更されたのは画質に関する部分で、画素が多くなったり、高感度撮影に強くなったりしてます。
その他、ダイナミックレンジ拡張モードがついたり、画像仕上げにいろいろバリエーションがついたりしてます。

その画質の向上にはかなり興味があったのですが、しかし、自分がこの最新機種に買い換えるかというと、現在躊躇しています。
画素数は、K10Dでもそれなりに満足してますし、
基本RAW撮影で現像処理を行う自分の今のやり方だと、K10Dに比べた決定的なアドバンテージは、高感度撮影くらいかな?と思うのです。
(あとは、パープルフリンジが多少軽減できてるっぽいという噂が気になってますが)

高感度の強さには非常に惹かれてはいるのですが、逆に光が十分にある状況では、K10Dで満足している、とも言えます。
また、高感度撮影に関してはNikon D3という飛びぬけてよい機種(価格もすごいですが)があったりして、
アレの高感度写真を見ちゃうと、たいした進歩じゃないかも、と思ってしまったりしています。
夜の街とか、ライブ撮影(いつやるかわかりませんが)では、高感度、重宝するんでしょうけどねぇ。

あと、K10Dの下取り価格はかなり安くなっているようですし、それならこのままK10Dを使い倒してもいいかな、と思うところもあります。


現在、その他で気になっている機種は、FujifilmのS5proと、OLYMPUSのE-420です。
S5proは、そのダイナミックレンジの広さが気になっています。
明暗差の激しいところでは、デジタルはまだまだ弱いですが、S5pro(その前の機種のS3proも)は、ものすごく広いダイナミックレンジを持っているとのことで、いつか使ってみたいなぁ、と思うのです。
ただし、ボディがちょっと大きいですかねぇ。。。
(いや、人によっては全然小さい、と言うかもしれませんが)

E-420は、画質とかの面ではなく、デジタル一眼レフのワリに、非常にコンパクトなのがよいです。
また、標準的な画角を持つパンケーキレンズ(25mmF2.8)も発売され、その組み合わせに、一時期グラグラきました。
ただ、このシステム、他に欲しいレンズがないんですよね。
コンパクトな、35mm換算28mmくらいの単焦点レンズとかあったら・・・と思うんですが。

あとは、Nikon D3なんかも、出てくる写真的には非常に気になる存在なのですが、自分にとってはボディが大きすぎです。(値段も高いですが)
高感度強いし、35mm判フルサイズ+明るい単焦点で、ボケを生かしたスナップとかチャレンジしてみたいのですが、まあ、でかいんですよね。
スナップ、って感じじゃなくなっちゃいます。

無理やりまとめると、S5pro並にダイナミックレンジが広くて、D3並に高感度が強くて、E-420並に小さいカメラをPENTAXが作ってくれれば、言う事ありません。
ボディ内手ブレ補正も欲しいですね。連写は、全然いりません。

まあ、無理な話ですけどね・・・
ただ、ある程度自分の欲しいカメラの方向性があると、新機種が出てきても、
その方向性に合ってないものであれば、別に買う必要は無い、と判断する事が出来ます。
新製品に対する物欲よりも、自分にとっての必要性の方が、大事だなぁと。
(なんか、最近のデジタル一眼市場は、かなり広がってきてる弊害で、妙に細かい性能の差が重視されてきて、メーカーとユーザーがお互いに首を絞めあってるような気がしないでもありません。)

まあ、物欲が大事な方々もいらっしゃいますけどね・・・
[PR]
by zab_555 | 2008-04-22 00:41 | カメラ | Comments(10)