日々出会った、音とか、光とか、影とか
2005年 11月 13日 ( 2 )
秋から冬へ
e0055715_1750314.jpg
「そろそろ、寒くなってきたなぁ」


e0055715_1751015.jpg

e0055715_17511723.jpg


More
[PR]
by zab_555 | 2005-11-13 18:05 | 写真
Feeder
今回は、また音楽、というか、ライブの話です。

11月8日(火)に、Feederというバンドのライブに行ってきました。
本国英国では有名になっているようですが、日本での知名度はイマイチです。
一応、日本のオフィシャルサイトはあるのですが、なんか力の入れなさ具合が伝わってきます。某ファンサイトのほうが、ファンの間ではむしろ有名なのでは。
e0055715_15351355.jpg
私は、このバンドをまだ20世紀の頃(オオゲサ)PlayStationの「オメガブースト」というゲームで知りました。
(バンドの1stアルバムと2ndアルバムの間の時期です。)
それから、今までリアルタイムにその音を体験してきたのですが、その間にバンドでもいろいろあり、また、それにオーバーラップするように個人的にもいろいろあり、思い入れの深いバンドです。
(よって、今回の書き込みも、ものすごく長文です)

イギリスのロック系のバンドで、ボーカル/ギター(グラント)、ベース(タカ)、ドラム(マーク)の3人組です。ベースのタカさんは、日本人です。
初期は結構激しい曲もありましたが、最近では、当初からあった良いメロディを際立たせるような曲が増えてきています。
最近のライブでは、サポートギター1人が表におり、たぶんもう1人、マニュピレーターが裏にいるようです。

Feederのライブは過去に2回、FUJI ROCKで見たのですが、単独ライブは初めてです。
今回のライブ、場所はSHIBUYA-AX、入手したチケットが、番号一桁台・・・・ええっ、一桁ですか??
しょうがないので、スタンディングの最前列まで行って、おっさん、頑張ってきましたよ。

ライブが始まってみると、やはり最前は、結構ノリがよく、後ろからの圧迫感がそれなりにあります。
演奏も、最近のアルバムを聴いた印象よりも、非常にメリハリがついていて、アグレッシブに感じます。
最新のアルバムから正式にドラマーとして加入したマークが、かなりの叩きっぷりなのも関係してるかもしれません。この人、見てると、ウマイというか、力強い。何度もスティックを飛ばしつつ、叩きまくってました。
改めて、Feederは、ライブに強いバンドだと感じました。こういう事があるので、ライブに行くのはやめられません。(バンドにもよりますけど・・・ライブ、グダグダなバンドもいますので)

特に演奏面では、本編トリ前にやった「Decend」がよかったです。
昔から演奏している曲で、バンドとして非常に演奏がしっくりしており、かなり聞かせていただきました。
e0055715_14525590.jpg
そして驚いたのは、アンコールの最後で、「Just a Day」を演奏し出すかと思ったら、ベースのタカさんが、日本語で「踊りたいやついたら、ステージ上がってきな。」みたいな発言。
へ??
「大丈夫、セキュリティには言ってあるから。さあ、上がって」

サラリーマンな私は、上はTシャツになっていたとはいえ、下はスーツだし、靴は革靴だし、おっさんだし、ちょっと上がるのは遠慮してしまいました。
が、若者ドモはうりぁ~とステージ上に殺到。演奏中にダイブするやつは少ししかいなかったのですが、このときは上から下から、ステージに人が上がろうとして、ちょっとハードだったですねぇ。

数十人くらい上がったところで、スタッフが制止して、演奏が始まりました。
ちょっと人多すぎ?と思ったのですが、スタッフがタカさんを肩車したり、ステージ上の客が何人かボーカルのグラントを守ろうとしたりして、無事演奏が終了しました。

しかし、これはかなりのリスクがあることで、ロック系のライブでは、過去にステージ上に人が上がってきて中止になったライブや、人が押し寄せて観客の一人が亡くなってしまったライブなどもあります。(後者はかなり昔の話で、会場もぜんぜん違う形式だったようですが。さらに余談ですが、アメリカでは、拳銃持った客が上がってきて、演奏者が射殺されたって話もあります)

それを、「上がってこいよぉ」とストレートに一言。タカさんの人柄もあるかもしれませんが、なんかいい感じでした。
安全上はよくないことかもしれませんが、それでも、上がって踊ってる連中の笑顔を見てると、こっちも楽しくなってきました。中には、感極まって泣いてるやつもいましたね。
彼らは、一生忘れられないライブになったでしょうし、こっちもいいライブを見た、という充実感がありました。

終わった後で、ステージに上がれなかった人々が、片付けをしてるスタッフに何かモノをねだっている(結構定番の光景です)横で、探し物をして下を見ながらウロウロしてる人が多かったです。
最前列にいた私の目の前には、誰かの靴が落ちてましたね・・・
e0055715_15183036.jpg

[PR]
by zab_555 | 2005-11-13 15:37 | 音楽